スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

御札お守りの処分方法は?違う寺神社のものや行かれない時の処分の仕方についても

季節
スポンサーリンク

この記事では古い御札やお守りなどの処分の仕方について調査したものをご紹介しています。

新年を迎え初詣などに行かれた方も多いと思いますが、その際に御札やお守りは新しく購入されたでしょうか?
新しく購入された場合は、去年までお世話になった御札やお守りは処分しますが、同じ神社に行けない、神社へ行く時間を設けられないなど、処分に困ってしまうときもありますよね。

そんな方のために、違う寺神社のものや行かれない時の処分の仕方をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

モノを詰めて送るだけの「みんなのお焚き上げ」
スポンサーリンク

お札・お守りの処分の基本的な方法

初詣での処分方法と時期

年末年始の時期でしたら、お寺や神社でお札やお守りをお焚き上げしていただけます。
初詣でお焚き上げしてもらう際は、お札やお守りをお寺や神社に持参し、用意されている賽銭箱に志を入れ、指定の場所へ持ち寄ったお札やお守りを置いておくと、後日まとめて焼却処分してもらえます。

どんど焼き

どんど焼きとは、全国的に行われる神社やお寺の火祭のことです。
時期は毎年1月中旬頃に行われ、主に門松やしめ縄、破魔矢などの正月飾りを焼いていただけます。

モノを詰めて送るだけの「みんなのお焚き上げ」
スポンサーリンク

自宅でのお札・お守り処分方法

古いお札・お守りを燃えるゴミとして出す場合の注意点

どうしても神社にお参りしに行けないなどの場合は、自分で自宅処分するという方法も可能です。

その場合は、お手頃のものでかまいませんので塩を用意し、処分するお札やお守りに軽く振りかけお清めをし、感謝の気持ちとともに処分するようにしましょう。

神社・お寺への返納方法

神社に設置される古札納付所では、お守り・お札、どちらでも納めることができます。

いただいた神社のものを納めるのがベストではありますが、無人の神社など小規模なところではなければ、他の神社でいただいたものでも返納は可能です。

モノを詰めて送るだけの「みんなのお焚き上げ」
スポンサーリンク

郵送して処分してもらう方法

お清めしても自分で処分するのに躊躇される方や、いただいた寺社へ出向くのが難しい方は郵送サービスを利用するのも手です。

①いただいた寺や神社へ郵送
②お焚き上げサービスを利用

どちらも、お焚き上げはお寺や神社が行うため安心です。

いただいた寺や神社へ郵送

お守りをいただいた寺社で郵便して返納することも可能です。
その場合は、感謝の気持ちとしてお焚きあげ料を同封するのが一般的となっています。

お焚きあげ料はあくまで気持ちですので、正確な値段などは定められていませんが、お守りと同額程度の1,000円を包む方が多いようですよ。

郵送して処分してもらう際は、すべての神社やお寺が受け付けてくれるわけではありませんので、事前に確認することをおすすめします。

「みんなのお焚き上げ」サービスを利用

こんなサービスも見つけました。
みんなのお焚き上げサービス」は、お寺・神社などの宗派も関係なく御札やお守り、縁起物などを郵送で受け付けてお焚き上げしてくれます。

モノを詰めて送るだけの「みんなのお焚き上げ」

レターパック・スマートレターで送れるのはお守りや写真、アクセサリーなどの小さな品や金属、プラスティック、石製などの燃えないお品、異なる宗教宗派のお守りなど。

破魔矢や人形、御札などレターパックに入らないものは専用の細長封筒で送れます。

レターレターパック(A4)
サイズ:34センチ×24.8センチ 
重さ:4キロまで
料金:2,860円(税込)
レターSスマートレター(A5)
サイズ:25センチ×17センチ
重さ:1キロまで
料金:1,650円(税込)
レターサイズ(ロング)専用細長封筒
サイズ:61センチ×10センチ
重さ:1キロまで
料金:3,200円(税込み)

【価格に含まれるもの】

・お焚き上げ供養料
・お品神社への送付用封筒|送料込み
・お焚き上げ証明書発行手数料
・お焚き上げできないお品の処理費用
・お焚き上げキット送料

希望される方には、後日動画でその様子を見られるサービスもありますよ!
提携神社は群馬県高崎市にある「山名八幡宮」。
平安時代から子育てと虫封じの宮として信仰があつく、本殿など重要文化財に指定されている由緒正しい神社でです。

みんなのお焚き上げ
スポンサーリンク

まとめ 

年末年始の初詣では、ほとんどのお寺や神社でお札やお守りのお焚き上げをしてくれ、1月中旬に開催されるどんど焼きでは正月飾りを処分してくれることが分かりました。

その他にも、郵送して処分してもらう方法があり、郵送では神社やお寺だと引き取ってもらえない写真やアルバムも可能となっていました。

お守りなどは願いを込め自分自身を守っていただいたものなので、感謝の気持ちを忘れずに処分するように心がけましょう!

モノを詰めて送るだけの「みんなのお焚き上げ」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました