スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

大相撲映り込み,観戦有名人2024初場所東京みんなの感想まとめ

話題
スポンサーリンク

この記事では大相撲中継に映りこんでいる有名人についてみんなの感想や席の取り方などについて調べたことをご紹介しています。

大相撲三月場所2024(大阪)が3月10日(日)~開催されますが、1月の初場所はいつも以上に有名人が観戦していて「映り込み」が多いと話題でした。

連日、映り込んだ有名人のニュースが報じられ、今日は誰が映りこむのか気になっている方もいらっしゃったのではないでしょうか?と気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

大相撲初場所2024東京に写り込んでいた有名人一覧

ニュースやSNSで「大相撲中継に映り込み」が取り上げられていた有名人一覧をまとめました。

日付目撃された有名人
14日紺野美沙子
15日高須克弥院長、元大関・小錦(KONISHIKI)
16日蝶花楼桃花(語家)、新羅慎二(若旦那、湘南乃風メンバー)
18日松村沙友里(元乃木坂46)
19日内山高志氏(プロボクシング元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者)
20日ねづっち(お笑いタレント)、須崎由衣(レスリング東京五輪金メダル)
21日つのだ☆ひろ(歌手)
22日大橋秀行会長(大橋ジム)、上地雄輔(タレント、歌手)
23日林家ペー&パー子夫妻(タレント、落語家)
25日原辰徳氏、勝俣州和(タレント)、林家三平(落語家)
26日三遊亭好楽(「笑点」メンバー、落語家)、角田信朗(タレント)
27日デヴィ夫人、石井苗子、タイチ(新日本プロレス)
大相撲観戦初心者でもわかりやすいと話題!
スポンサーリンク

ネットの感想は

千秋楽で、タイチさんがご自身のXに「タイチを探せ」で見つけたらリポストかいいねを押してねと投稿されていました!

本人っぽいね、よく見つけたな(松村沙友里)

http://nogizaka-46bunno1.blog.jp/archives/88507506.html

「二所ノ関親方の後ろの方に原辰徳さんいるね」
「原辰徳さんもたのしそうにみてるわね」
「中継に勝俣州和さん映っとる」
「勝俣州和さんの隣り林家三平さんかな?」
「相撲見てるけど勝俣州和と林家三平に目が行ってしまう」
「さすがのリアクション」「かっちゃんはどこにいてもかっちゃん」

スポニチアネックス

ネットニュースのコメントでも、SNSの投稿でも目立ったのは勝俣州和さん。
オレンジのカーディガンと、ワイプと言われてしまうリアクションが目を引きました!

薄型なのに内容充実でわかりやすいと評判です!


スポンサーリンク

大相撲の席はいくら?

有名人が写り込んでいる席は「溜まり席」といわれているもので、開催日に関わらず1名20,000円となっています。

溜席は、協会に寄付した維持員席、昔からのファンが持っている席、および協会がインターネットで販売する席の三種類に分かれています。
多くの席は長年の業界関係者や古くからのファンが保有しており、有名人が招待されることが多いです。15日間通しで約22万円となりますが、一般にはなかなか出回らないそうです。

使われないチケットは茶屋が転売しているのだとか。

スポンサーリンク

チケット値段

会場によって変わる可能性もありますので、詳細はチケット大相撲ホームページでご確認ください。

席種土日祝の価格(円)
一人当たり
平日の価格(円)
タマリ20,00020,000
マス S15,00014,000
マス A13,00012,000
マス B10,50010,000
テーブル付2人マスC11,00011,000
車イス(付添人1名含む)3,0003,000
イス SS11,000
イス S9,0008,000
イス A7,0006,500
イス B5,5005,000
イス C4,5004,000
イス D3,5003,500
特割桝 C5,000
特割イス S4,000
特割イス B2,500
特割イス D1,500
https://sumo.or.jp/Admission/ticket/Mar/price/622/
大相撲の座席の雅号
引用:チケット大相撲
スポンサーリンク

年間スケジュール

場所開催期間一般販売開始日
1月東京1/14~1/28
3月大阪3/10~3/242/10
5月東京5/12~5/264/6
7月愛知7/14~7/285/25
9月東京9/8~9/228/10
11月福岡11/10~11/249/14

この表には、各場所の開催都市、開催期間、及びチケットの一般販売開始日を記載しました。
1月の初場所(東京)の一般販売開始日は記載されていません。

スポンサーリンク

まとめ

私は10年ほど前に仕事関係の方から招待され、花道近くのマス席で観戦したことがありますが、カメラとは関係ない少し離れた席だったにも関わらず、すぐ前のマス席に座っていたのがはなわさんでした。

プライベートでいらしていたようなので取り組みが終わった後、ダメもとで写真をお願いしたら快くOKしてくださいました。

初めての相撲観戦はテレビで見るより迫力があって、花道を通って帰っていく白鳳関を間近で見られて嬉しかったのを覚えています。

映り込みが誰かを発見するのも、新しい相撲観戦の楽しみですね!

かわいいイラストで見てるだけで楽しい

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました