崎陽軒横浜工場見学予約とれない?キャンセル待ち体験記!実際に挑戦してみた結果とは⁉ | ちょうさぶ
スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

崎陽軒横浜工場見学予約とれない?キャンセル待ち体験記!実際に挑戦してみた結果とは⁉

イベント
スポンサーリンク

横浜のソウルフードといえば「シウマイ」!シウマイといえば崎陽軒!
崎陽軒の歴史や、なぜシウマイが横浜の名物に選ばれたのかやシウマイの製造工程などを見学でき、最後にはアツアツの出来立てシウマイの試食もできる工場見学が長きにわたって大人気です。
崎陽軒工場見学の予約は3か月前から争奪戦!
工場見学は予約制ですが「なかなか予約が取れない」との声も。
そこで今回は
・予約方法やキャンセル待ちについて
・争奪戦に勝つコツ

・崎陽軒工場見学の内容
についてと、実際にキャンセル待ちに挑戦した体験もあわせてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

崎陽軒工場見学は3か月前から予約争奪戦

夏休みに見学予約を取るなら逆算して5月には予約争奪戦に参戦を!

崎陽軒の工場見学への予約方法は「崎陽軒工場見学ホームページ」よりインターネットで申し込みとなります。
予約は3ヶ月前同時午前0:00~予約開始先着順となっています。
※5月1日希望なら2月1日午前0:00~予約開始となります。

崎陽軒工場見学申し込み方法を解説

2023年3月13日に3か月後6月13日の予約を取りたい場合を例にとって説明します。

①まずは崎陽軒の工場見学のページにアクセスし、下にスクロールします

②①を下までスクロールして
「注意事項を了解して申込み」をクリックします。

③カレンダーが表示されたら希望の月をクリックして6月のカレンダーを表示させます。

④希望の日をクリックします。(ここでは6月13日の9:00をクリックします)
※(〇空席あり △空席9名以下 ×空席なし・開催なし)

⑤時間を確認して「予約」をクリック

⑥人数など必要事項を入力します。

⑦工場までの交通手段を選択(車以外が望ましい)

※車を選んだ場合(用意できるのが3台までなので、この時点で3台分埋まってしまっていると下の画面になり予約できません。バスなど他の交通手段を選択)

必要事項を入力しているうちに満枠になってしまっても、念のためキャンセル待ちの登録をしておいてください。キャンセル待ちのしかたは次にご説明します。

1.予約手続き途中で満席になった場合は、自動的にキャンセル待ちの登録へ進みます
 「現在の待ち人数は約〇〇人です」とアナウンスが出ます。
※1枠(90分)最大45人・1日最大180人で満枠となります。

2.キャンセルあり、空きが出た場合3日前までに見学可能のメールが届きます。(3日前を切ったら配信されません)

チロル部長
チロル部長

1グループで手分けしてとりあえず数日分入れてるパターンもあるので、あきらめずにまずは登録しておきましょう!

スポンサーリンク

実際にキャンセル待ちに挑戦!登録から受付登録するまでを解説

キャンセル待ちの登録は1週間前からできます。
実際に1週間前にキャンセル待ちに挑戦してみました!
手順を解説します。

①キャンセル待ちの登録は「予約状況」から直接入れます。
(ここでは2023年3月13日に17日、18日のキャンセル待ち登録をするパターンを例にとります)

②3月のカレンダーを表示させ、希望日時の枠をクリックします。
18日の土曜日と17日の金曜日に予約状況をチェックしたところ、カレンダーの印が「×(10人以上予約待ち)」となっていました。

金曜日↓

土曜日↓


④カレンダーの希望日を表示し、「×」をクリックして人数を入力します。
ここでは「大人2人」「市営バス」を選択しました。

最初、土曜日の9:00の回で入力したのですが下の画面のように待ち人数が出ました。

土曜日9:00で登録完了しました。
次に予備で、同じく「大人2人・市営バス」で金曜9:00にも登録したところ10人待ちと表示が出ました。

⑤キャンセル待ち登録完了!↓のメールは大事に保管
 登録IDとパスワードが記載されているこのメールは変更やキャンセルだけでなく、見学可能のメールが来た時に受付の際に必要となるので絶対削除してはいけません

そして登録した指定日のちょうど3日前、「見学が可能です」と崎陽軒からメールが来ました!

手続きが必要となりますので、メールのURLからキャンセル待ち登録完了時のメールに記載されていた登録IDとパスワードでログインして登録します。

予約日の2日前までに手続きを済ませないと資格喪失しますので注意が必要です。

夏休みなどは100人以上待ちになる日もあるそうです。
私が8年前にもキャンセル待ちチャレンジして見学に行ったのは9月下旬でした。7、8月や12月をはずした平日を狙ってみるのをおすすめします。
グループのキャンセルがあると一気に順番待ちの人数が減るので、〇人待ち、に惑わされず諦めないでくださいね!

キャンセル待ちで予約が取れた方のツイートを何件か見つけました。

キャンセル待ちで工場見学に行けた人のツイート
キャンセル待ちで工場見学に行けた人のツイート

みなさまも諦めずにチャレンジしてみてくださいね!

崎陽軒工場見学に行ってきたレポート

※箱詰めラインをはじめ、基本的に撮影不可です。

・崎陽軒の歴史VTR
駅弁屋から始まった崎陽軒の歴史をVTRで流し、説明してくれます。

・シウマイの工程見学
原材料となる豚肉の塊や玉ねぎ、干し貝柱などのレプリカの展示。崎陽軒のグリーンピースがなぜ上に乗るタイプではなく、混ぜこんであるか?のトリビアも教えてくれます。

・醤油入れのひょうちゃん展示
時代によってイラストレーターが違うので一つ一つ表情が微妙に違うのです!
ひょうちゃんの数だけ歴史あり!? 

・駅弁の歴史

・シウマイ弁当のひみつ

・弁当の箱詰めライン見学 

・できたてのシウマイ・中華菓子の試食
「昔ながらのシウマイ」「特製シウマイ」、月餅(抹茶大納言)をいただきました。
8年前の情報ですが、おおむね内容は変わっていないと思います。卓上の醤油さしもひょうちゃん!

・お土産は試食でいただいた「ひょうちゃん」
ビニール袋がついていたのでそれに入れて一緒に連れ帰りました。

工場見学予約枠争奪戦に勝つコツとは

1.予約開始の0:00少し前に予約申し込みページ下部「注意事項に了解して申し込み」をクリックし、カレンダーの希望日時をクリックして「空席確認」の前まで必要事項を入力しておく

2.午前0:00ちょうどに「空席確認」をクリック 

予約状況を見ていると、平日9:00の回は比較的人気がないので満枠でもあきらめずに登録してみる

3.キャンセル待ちの登録ページで必要事項を入力する際に「工場への交通手段」を選ぶ欄がありますが「自家用車」以外の選択をしておく(工場内の駐車場は3台までしか停められないため)

\でも、どうしても自家用車で行きたい!近くに停められるところはないの?/
   工場付近の予約制駐車場(予約時間内は出入り自由)

スポンサーリンク

予約が取れなかった人におすすめ!工場内に予約なしで入れる施設があります

プチミュージアムショップ
崎陽軒横浜工場内にある、予約なしで体験できる施設です。

崎陽軒工場内のプチミュージアムショップへ行った人のツイート

工場見学の予約がなくても崎陽軒の歴史を学べたり、できたてのシウマイや肉まんが食べられます。

プチミュージアムショップ特徴

①タッチパネルを自分で操作して工場見学の一部が映像で見られる
駅弁屋から始まった崎陽軒とつながりの深い、電車の窓に見立てた46型のタッチパネルディスプレイを操作し、工場見学の一部をピンポイントに映像で見られます。

②家族で楽しめるクイズやイートインコーナーも
電車の座席に見立てた席で出来立てアツアツのシウマイがお得な価格で食べられます

③ミニショップもあります
崎陽軒の公式キャラクター・しょう油入れ「ひょうちゃん」のグッズ等の販売も。

近くにある日産スタジアムに行く前にプチミュージアムショップへ寄る方もいらっしゃるようです。

崎陽軒工場内のプチミュージアムショップへ行った人のツイート

どうしても予約が取れない場合、プチミュージアムショップでも工場見学気分を楽しめてお土産も買えるのでおすすめです。

スポンサーリンク

崎陽軒工場見学の概要とアクセス

工場見学は年末年始を除いた週4日、催行されます。
概要は以下の通りです。

見学可能日火・水・金・土
時間9:00、10:30、12:30、14:00の4回(90分制・試食含む)
料金無料
最大人数45人まで

※3歳未満のお子さんは見学できません
※予約後に人数を増やすことはできません

崎陽軒横浜工場へのアクセス

所在地 横浜市都筑区川向町675-1

車の場合 
・第三京浜港北ICより新横浜元石川線を新横浜方面へ
 専用駐車場あり(要予約)3台

公共交通機関の場合
・「新横浜駅」よりJR北口駅前ターミナル5番のりば300系統「仲町台」/「港北インター」下車

スポンサーリンク

崎陽軒工場見学のまとめ

ご家族、友達同士の大人の遠足など、子どもから大人まで楽しくて美味しい「崎陽軒のシウマイ工場見学」、ぜひ一度おでかけください。
ご紹介した予約を取るコツがお役に立てたら嬉しいです。
最後にもう一度工場見学やキャンセル待ちについてのまとめを載せますね!

・料金無料
・予約は希望日の3ヶ月前の午前0:00~
0:00ちょっと前には予約ページに入って候補日時をクリックして必要事項を入力しておく
・予約いっぱいの時は諦めずにキャンセル待ち登録を
・キャンセル待ちは「平日9:00~の回」が倍率低めで取りやすい
・いくつか候補日時を考えて数枠分登録しておく
・交通手段をできるだけ「車以外」にする

崎陽軒工場見学の口コミを見る

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました