スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

推しの子実写ドラマ映画ロケ地どこ?エキストラ情報や目撃情報より考察

エンタメ
スポンサーリンク

男性医師と元患者の少女は、「推し」のアイドル・アイが極秘に出産した双子として前世の記憶をもったまま転生し母親が殺された真相を探るべく自ら芸能界へ潜入する…
原作・赤坂アカさん、作画・横槍メンゴさんによるこの人気漫画がアニメのヒットを経て櫻井海音(さくらいかいと)さん実写化されることが発表されました。

アニメ版はYOASOBIによる主題歌「アイドル」がアメリカのビルボード・グローバル・チャートで日本語楽曲史上、初の1位を獲得したりと大ヒットを記録したこともあり、実写化にも大きな期待が寄せられています。

その撮影場所ロケ地はどこなのか気になりますよね?
そこで、エキストラ募集情報や目撃情報から、ロケ地を調べてみました。

スポンサーリンク

実写「推しの子」ロケ目撃情報

キャストがロケをしていたという目撃情報を調べました。

都内のカフェ

まだキャスト情報が解禁される前の2023年12月、渋谷のカフェで撮影をする櫻井海音(さくらいかいと)さんが写真週刊誌に撮られています。

「渋谷」という情報しかわかりませんが、お近くに通っている方でしたら写真を見たらわかるかもしれませんね。

黒と赤の看板?のあるお店の前でスタッフと思われる女性と談笑している櫻井さんの写真が掲載されています。

多摩センター

多摩センターは映画やドラマの撮影としては様々な作品で目撃情報がある場所です。
記憶に新しいのは菊池風磨さん主演の「ゼイチョー」や、現在放映中の「おっさんずラブ」など。

1月28日、多摩センターで推しの子の撮影をしていたようだという目撃情報がありました。

同じ日、多摩センターの図書館前に齋藤飛鳥さんのタオルを持ったファンが集まっていたという情報も。

多摩センターの図書館はこちらで、駅からサンリオピューロランドを挟んだ多摩市立中央公園内にあります。公園自体がかなり広く、パルテノン多摩という立派なホールもあります。

パルテノン多摩の画像
スポンサーリンク

実写「推しの子」エキストラ募集情報

平塚市役所より、エキストラ募集のポストがありました。

撮影日時:2月22日(木)10:00~21:00
撮影場所:平塚市内

大人気アイドルグループのライブ設定の撮影だそうです。
撮影時間が10時間以上となっていて、体力に自信のある方という条件が設定されています。

大きなライブ会場の予想としては「平塚アリーナ」や「ひらしん文化ホール」が考えられますが、それぞれの予定表を確認したところ、撮影日の2月22日は「平塚アリーナ」と「ひらしんホールは」違う予定が埋まっていました。
場所は非公開とされているため、あえて記載していないのかもしれませんが特定ができませんでした。

平塚市から出ているエキストラ募集はライブシーンのみでしたが、平塚市内では他にも撮影があるようです。(出典:湘南人

なお、東京エキストラノートでは平塚のロケの他に東京、神奈川、群馬、埼玉、千葉、茨城、静岡などで3月まで撮影があるという記載がありますので、今後もエキストラ募集情報を注視していきます。

スポンサーリンク

まとめ

目撃情報やエキストラ募集情報より、ロケ地を考察してみました。
詳細の場所は特定できませんでしたが、現時点で判明している地名は
・渋谷
・多摩センター
・平塚

となっています。
詳細がわかり次第さらに追記していきますね!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました