スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

ゴールデンカムイ実写キャストのっぺらぼう後藤竹千代や尾形は?原作,主題歌についても

エンタメ
スポンサーリンク

2022年4月、「週刊ヤングジャンプ」の人気作品『ゴールデンカムイ』の実写映画化が発表されましたが、その後情報もなくやきもきしたファンも多かったのではないでしょうか?

2023年8月30日、映画の公開日と主演の山﨑賢人さん以下主要キャストのビジュアルも発表されました。みんなが待ちに待った実写映画「ゴールデンカムイ」の

・登場人物
・のっぺらぼう役は?
・あらすじ
・原作の何巻から何巻までか
・主題歌

について、調べてみました。

スポンサーリンク

映画「ゴールデンカムイ」登場人物キャスト一覧

映画ゴールデンカムイティザービジュアルの画像
画像引用:映画「ゴールデンカムイ」公式

杉元佐一(すぎもとさいち)…山﨑賢人

キャッチフレーズ – 不死身と呼ばれた男。

元大日本帝国陸軍第一師団の隊員。
日露戦争ではもっとも過酷な戦場となった二〇三高地で鬼神のような戦闘力と生へのすさまじい執着、致命傷を負っても翌日には戦場を駆け回っているということから「不死身の杉元」と呼ばれている。

除隊後、ある目的のために北海道に渡り砂金取りをしていた杉元は、アイヌの埋蔵金の噂を聞く。
そのありかを知る唯一の手掛かりは「刺青人皮(いれずみじんぴ)」。
地図と暗号を彫られた24人の囚人が脱獄、その行方を追って旅に出る。

アシㇼパ…山田杏奈

キャッチフレーズ – アイヌの愛娘。

利発で天真爛漫なアイヌの少女。
アイヌとポーランドの混血の父親と、アイヌの母親の間に生まれ、緑が散った濃紺色の瞳を持つ。
アイヌ語と日本語の二言語話者で、山や狩猟の知識があり、主に自然とアイヌ文化を案内する役割を担っている。

ヒグマに襲われていた杉元を助けたアシㇼパは、アイヌの埋蔵金の話を聞かされた時に父親がその犠牲の一人だと打ち明け、行動を共にすることに。

スポンサーリンク

尾形百之助(おがたひゃくのすけ)…眞栄田郷敦

キャッチフレーズ – 孤高の山猫スナイパー。

大日本帝国陸軍第七師団上等兵の凄腕スナイパー。
300メートル以内であれば確実に頭部を撃ち抜くほどの腕前で、2000メートル先までの射撃も可能かのような発言もしている。
その時々の状況に応じ、陣営を変わることも辞さないため「コウモリ野郎」と呼ばれている。

白石由竹(しらいしよしたけ)…矢本悠馬

キャッチフレーズ – 愛され脱獄王。

強盗と度重なる脱獄で収監されていた刺青囚のひとり。
脱獄の罪が重なりすぎて、もともとの罪を上回ってしまい、脱獄が困難な網走監獄に収監されていた。
関節を自由に外すことができ、体に釘や針金などを忍ばせたり、優れた観察眼や並外れたコミュニケーション能力を駆使できるため、いざとなった時の潜入役や脱出術に優れた間諜として活躍する。

スポンサーリンク

鶴見篤四郎(つるみとくしろう)…玉木宏

キャッチフレーズ – 反逆の情報将校。

大日本帝国陸軍第七師団の中尉。
日露戦争では報われることがなかったため、アイヌの埋蔵金を軍資金として北海道征服を目論む。
頭蓋骨欠損と前頭葉の一部の損傷のため、頭に血が上りやすく、気が高ぶると体液があふれだす。
額を覆うプロテクターは傷を保護するためのもの。
話術に長け、人心掌握術に優れていてカリスマ性もあるため彼に心酔する者も多い。

月島基(つきしまはじめ)…工藤阿須加

キャッチフレーズ – 第七師団の良心。

鶴見中尉の側近。任務にストイックな男で、団員の中では比較的温厚で常識人。
ロシア語が堪能。背は高くないが、ケンカは強い。

スポンサーリンク

二階堂 浩平/洋平(にかいどうこうへい/ようへい)…栁俊太郎(一人二役)

第七師団一等卒。双子の軍人。
兄弟仲は良く、好戦的な性格や挙動は良く似ている。鶴見中尉への忠義は薄い。

洋平・・・刺青の情報を探っていた杉元を連行し、拘禁した杉元を挑発に乗って殺そうとし、返り討ちにあう。

浩平・・・キャッチフレーズ – 復讐の双子片割れ。
洋平が殺されてからは杉元に復讐心を抱き、執着している。
鶴見から反乱分子として捕らえられた際には「杉元を殺させてやる」という取引に応じ、彼の下に戻る。

【関連記事】栁俊太郎の国籍は韓国?父やインスタ、好きなタイプと熱愛彼女について調査

谷垣源次郎(たにがきげんじろう)…大谷亮平

キャッチフレーズ – 阿仁マタギ。

第七師団一等卒。東北のマタギの生まれだが、妹の仇を追うべく村を捨て屯田兵に志願するが、日露戦争後もそのまま軍にとどまる。

スポンサーリンク

牛山辰馬(うしやまたつうま)…勝矢

キャッチフレーズ – 不敗の柔道王。

刺青の囚人の一人。額にはんぺんのような四角いタコを持つ。
常人離れした怪力と強靭な肉体を持ち、10年間無敗の柔道家だったことから「不敗の柔道王」と呼ばれる。
普段は紳士的で温厚な性格だが、性欲を持て余すと人の形をしているものには見境を無くしてしまう。

永倉新八(ながくらしんぱち)…木場勝己

キャッチフレーズ – 新撰組最強剣士。

元・新選組二番隊組長で剣の達人。渾名はガムシン(我武者羅な新八)。
歳をとっても剣さばきは健在で、抜刀するや囲まれた相手を瞬時に切り捨てる一流の剣豪。

スポンサーリンク

フチ…大方斐紗子

アシㇼパの祖母。
夫が村で一番偉い人物だったため、一目置かれている。
アシㇼパと違い、日本語は話せない。

後藤竹千代(ごとうたけちよ)…マキタスポーツ

殺人犯で収監されていた刺青の囚人。
杉元をアイヌの埋蔵金争奪戦に引き入れた元凶。
話した内容におじけづき、口封じをしようとするがクマに襲われ捕食されてしまう。
クマを仕留めた杉元によって、刺青人皮となる。

スポンサーリンク

アシㇼパの大叔父(おおおじ)…秋辺デボ

アシㇼパのことを大切に思い、幸せを願う人物。

土方歳三(ひじかたとしぞう)…舘ひろし

キャッチフレーズ – 新撰組鬼の副長。

元新撰組副長の旧幕府軍志士。
箱館戦争で戦死したと思われていたが、杉元や鶴見中尉と同様にアイヌの埋蔵金を狙う。
刺青の囚人たちを脱獄させた主犯格で、ロシアの南下に伴う日本侵略を防ぐため、同志を募って北海道を「緩衝国」として独立させ、多民族国家を築き北方を守ることが真の目的。

スポンサーリンク

剣持寅次(けんもち とらじ)…泉澤祐希

故人。第一師団の一員。
杉元と梅子は幼馴染で、梅子の夫となった。
杉元には常に競争心を燃やしていたものの、一度も勝つことができなかった。
それでも、彼は梅子を最も幸せにすることができると信じ、結婚し子どもをもうけた。
その後、視力を失いつつある梅子のために砂金を探し、アメリカへ移住しようとしていたが日露戦争の奉天会戦で杉元を守るために重傷を負い、杉元に家族を託してこの世を去った。
遺骨は指の部分だけとなり、杉元の手を経て家族に返された。

剣持 梅子(けんもち うめこ)…高畑充希

旧姓は柿崎で、杉元と寅次の幼馴染。
清楚な見た目に反して芯の強さを持っている。
杉元に対して好意を持っており、杉元家で結核患者が出たとき、彼と逃げる覚悟があった。
しかし、杉元の説得により地元に残った。その後、彼女を好意を持っていた寅次と結婚し子どもを設けたが、視力を失いつつある中、寅次は日露戦争で亡くなり、戦争未亡人となった。
杉元が金を求めて旅をするきっかけとなった人物。

スポンサーリンク

のっぺらぼう=ウイルク…(井浦新)

かつて網走監獄に収監されていた囚人だが、その正体はアシㇼパの父・ウイルク。
和人(わじん・アイヌ以外の日本人)に対抗するための資金としてアイヌの金塊を強奪し隠したところで逮捕、収監される。
両足の腱を看守に切られ逃げられなくなったため、同房の囚人たちに金塊のありかを記号にした刺青(刺青人皮・いれずみじんぴ)を彫った。
のっぺらぼうになった経緯=金塊を強奪したことに関する噂を鶴見中尉から告げられたアイヌの人々が暴動を起こし、そこから逃げるために自分の顔の皮をはいで別人の生首にかぶせた。

スポンサーリンク

映画「ゴールデンカムイ」あらすじ

日露戦争から帰還した元陸軍兵の杉元佐一は、ある理由から北海道で砂金採りに明け暮れていた。
その最中、杉元は後藤竹千代という男からアイヌが秘蔵していた金塊の話を聞く。

1902年、苫小牧で7人のアイヌを殺害して金塊を奪った男・のっぺら坊は獄中から捕まる直前に隠した金塊のありかを同房になった24人の囚人たちの体にヒントを示す刺青を彫り、脱獄させた。
その刺青は「刺青人皮」として獣の皮のように剥がす事が前提で彫られたものであり、24人全員で1つの暗号になるという。

杉元は冬眠明けのヒグマに襲われ、アイヌの少女・アシㇼパに救われる。
その少女の父は、アイヌ7人殺人事件で殺されたアイヌの一人だった。
杉元は、ヒグマに殺された後藤の身体に刺青が彫られていたことから、彼が刺青囚人の一人であると確信。
金塊を追う杉元と父の仇を討ちたいアシㇼパは行動を共にすることになる。

同じく金塊を狙う、陸軍第七師団歩兵第27聯隊所属の情報将校・鶴見篤四郎中尉は、日露戦争で活躍しながら報われなかった師団員のため北海道征服を目論んでおり、その軍資金を必要としていた。

脱獄囚の中には戊辰戦争で死んだはずの土方歳三がいた。
政治犯として秘密裏に収監されていた土方は、思想が一致したのっぺら坊と手を組み、集団脱獄を指揮して脱獄。
かつての盟友・永倉新八と合流し、刺青の囚人の一人である牛山辰馬も仲間に引き入れ、蝦夷共和国を再興するために金塊を追い求める。

杉元とアシㇼパは、捕らえた刺青の囚人で脱獄王の異名を持つ白石由竹を仲間に加え、各地に散らばった囚人を追いながら鶴見たち第七師団や土方一味と三つ巴の戦いを繰り広げる。

スポンサーリンク

映画「ゴールデンカムイ」は原作の何巻から何巻までか

原作の漫画「ゴールデンカムイ」は2022年7月発売の31巻で最終回を迎えています。
ですが、このボリュームを2~3時間の映画に詰め込むのはさすがに難しいのではないでしょうか?

1~5巻までが映画公開され、6巻以降は続編があるのではと予想します!

ハマってしまうゴールデンカムイ原作はこちら

スポンサーリンク

映画「ゴールデンカムイ」概要・主題歌は

作品名ゴールデンカムイ
出演山﨑賢人
山田杏奈
 ほか
原作野田サトル
制作映画「ゴールデンカムイ」製作委員会       
監督久保茂昭
脚本黒岩勉
音楽やまだ豊
主題歌ACIDMAN「輝けるもの」
配給東宝
公開日2024年1月19日(金)

映画「ゴールデンカムイ」は映画「キングダム」シリーズの制作プロダクション「クレデウス(CREDEUS)」が手掛けています。

・監督は数多くのアーティストのMVを手掛けた久保茂昭さん
・脚本は「キングダム」シリーズの黒岩勉さん
・音楽は「キングダム」シリーズのやまだ豊さんが担当します。

スポンサーリンク

まとめ

2022年の実写化発表以来、原作からのファンは公開は今か今かと情報を待っていた映画「ゴールデンカムイ」がやっと情報解禁となりました。

舞台挨拶や試写会についても気になるところですが、詳細が発表されるのを楽しみに待ちましょう!

チロル部長
チロル部長

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました