スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

徳本一善監督の長男,陽選手も箱根駅伝候補?息子の大学までの経歴も調査

エンタメ
スポンサーリンク

2024年1月2日、3日に行われる第100回箱根駅伝に、2年ぶりに出場する駿河台大の徳本一善(とくもとかずよし)監督の長男・陽(ひなた)選手。

陽選手も箱根駅伝候補なのか気になりますよね?

ここでは、徳本一善監督の長男・陽選手も箱根駅伝候補?陽選手の大学までの経歴や・徳本一善監督の経歴についても調査しました。

スポンサーリンク

徳本一善監督の長男はどこの大学?

徳本陽選手は2024年に青山学院大学に入学予定です。
青山学院大学の原晋監督と徳本一善監督との共通点などをまとめました。

徳本監督と青学・原監督の共通点(出身)

青学大の原晋(はらすすむ)監督と徳本監督は共に広島県出身という共通点があり、親交が深いことでも有名です。

大学駅伝界きっての個性派指揮官は、よく酒を飲み交わし、広島弁で激論を交わすのは当たり前なのだとか。

原監督に対する印象

徳本監督は、原晋監督のことを親としても同じ指導者としても100%信頼し、尊敬していると言います。

スポンサーリンク

徳本陽選手の経歴

徳本陽選手は飯能市立加治中を卒業後、東京農業大学第二高校に進学しています。
東京農業大学第二高校と言えば、駅伝の名門と言っても良いですね!

陽選手のこれまでの功績をまとめました。

・2020年(中3) 男子3000mの全国中学ランキング9位
・2021年10月(高1) 関東高校新人1500m2位(3分55秒11)
・2021年10月(高1) 第72回全国高等学校駅伝競走大会群馬県予選大会・2区区間賞(チームも優勝)

全国高校駅伝本選には残念ながら選ばれませんでしたが、今後が期待できるランナーなのではないでしょうか。

【関連】箱根駅伝2024応援場所穴場スポット5選!グッズや宿泊予約状況についても

スポンサーリンク

徳本一善監督の経歴

徳本一善監督の経歴ですが、中学で陸上部に入学してから3年生で全中(全国中学校通信陸上競技大会)や国体にも出場、以降沢山ありすぎて書ききれないので大学時代の箱根駅伝の成績をご紹介します。

第75回大会1区:10位 1時間4分42秒
第76回大会1区:1位 1時間2分39秒
第77回大会2区:2位 1時間8分59秒
第78回大会2区:棄権位 

2年生の時にはオレンジ色に染めた髪とオークリーのサングラスで注目され、順位でも法政大学は”オレンジ旋風”を巻き起こしました。

4年生の時はユニバーシアード北京大会で銅メダリストになり、箱根の前哨戦でもある出雲駅伝では3区区間賞、全日本駅伝では2区を区間2位で走り活躍しましたが、箱根では2区を走っている途中で肉離れを起こし、監督にとめられて途中棄権となりました。

実業団の日清食品グループに所属してからは、主に長距離走・駅伝で活躍しました。
・2003年・2004年日本選手権5000m優勝
・2006年 東日本実業団対抗駅伝総合優勝(7区1位)
・2007年 全日本実業団対抗駅伝総合3位(2区6位)、東京マラソン5位
・2010年 ニューイヤー駅伝総合優勝(6区2位)

監督としては、2012年4月より駿河台大学陸上競技部駅伝監督に就任しましたが同時に現役ランナーも続けています。
(2012年12月、防府読売マラソンにて2時間14分48秒の4位入賞)

2021年10月23日、第98回東京箱根間往復大学駅伝競走の予選会で、駿河台大学は出場枠10の中で8位に入り、監督就任10年目にして箱根駅伝初出場に導きました。

いまでも、ハーフマラソンの大会で上位入賞しています。

スポンサーリンク

まとめ 

ここでは「徳本一善監督の長男,陽選手も箱根駅伝候補?息子の大学までの経歴も調査」と題しまして、陽選手も箱根駅伝候補なのか、大学までの経歴についてお伝えしました。

陽選手の経歴もすごいですが、徳本一善監督のこれまでの経歴も素晴らしいですね。
かつての法政大学の「オレンジベルト」が青学の「グリーンベルト」の一人として陽選手が話題になる日もそう遠くはないでしょう。

これからの2人の活躍にも注目です!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました